マネー大学
スポンサードリンク

衝動買いに注意せよ!

毎日の生活でお金がない状況を悩んでいたりしますか?
お金を使わない生活を意識しても、ストレスがたまり使ってしまうのが人間ですよね。
私たちの欲は、お金を使う事で満たされています。
「この洋服がほしい」「ラーメンが食べたい」すべてお金がかかります。
お金がないと生きていけないと、私たちは強く思っています。
買い物イコールお金が必要となります。
もし、お金を使いたいと感じた時に、本当にそれが必要かどうかを精査する事ができれば 無駄な買い物が減り、お金は溜まっていきます。
そこで重要なのが、少額な買い物ほど無駄が多いという事です。
あなたは、少額なものをバカにしていませんか?
「安いから良いだろう」とバカにしながら買い物をすると、それでストレスが発散できるのでしょうか?答えはノーです。
お金は感謝しながら使わないと、無駄金を使う事になります。


本当にほしいものは、感謝しながらお金を使う


私たちは、本当にほしいと感じるものには、たとえお金がいくらかかったとしても購入したいと考える習性があります。
例えば、山で遭難し、10日以上食べ物を食べていない状態で発見されたら、どんなに高額な食べ物でも、お金を出すと思います。


必要ないものを買いだめはしない

お金を使わない生活を目指すなら、今必要ないものを買いだめはしないことを意識することが大切です。
買いだめをすることで、徳をした気になっているかもしれませんが、ただ「安い」という事だけにフォーカスすると、お金の無駄遣い癖を治す事ができません。


物がない生活をしましょう

お金を使わない生活を形成するのであれば、部屋から物を一切無くし、シンプルな生活をすることをお勧めします。
部屋がすっからかんだと、これ以上物を増やしたくないという気持ちが芽生えますので、お金を使わなくなります。
それ以降は、本当にほしいという物しか買わなくなりますので、お勧めします。


お金を使う時は、豪快に、感謝しながら使いましょう!

節約は重要ですが、やはりお金を使うことも忘れてはいけません。
自分がほしいと心から思った物は、自分の生活を豊かにするためにも我慢せずに購入してください。
きっとそのためなら、どんな辛い仕事も頑張れると思います。ただ我慢する、禁欲生活をするとストレスが溜まりますので、使う時は豪快に!という合言葉で自分の生活を満喫しましょう。


まとめ

無駄な買い物をさけるため、安いからといって、適当な買い物をするよりも、本当に必要で、多少高い物であっても、必要だと感じた物だけ購入するのが大切です。
いっそのこと、部屋のいらない物を全て売却もしくは捨ててしまい、物がない生活をいきましょう。
そうすれば、ないのが当たり前になり、無駄遣いが減ることだと思います。
お金を使う時は、お金に感謝して、豪快にほしい物を買いましょう。
ようするに、無駄なお金を使わない生活を目指せば、自然とお金は溜まっていきます。
ぜひ、その辺を意識して生活をしていきましょうね。
何度も何度も読み返していただきたいと思います。
また、大切な方へこの情報を届けたいと考えられる方は下の各SNSの共有ボタンでお知らせしてあげてください。

スポンサードリンク

お金を節約するには! | マネー大学記事一覧

お金が貯まる人の習慣お金の大切さを知っている人と、知らない人がいる。お金を使わない人を、日本人は「ケチな人」とそう思っている人が多い。しかし、そういった人ほど、自己投資にはお金をかけていて、余計な物を買わない習性があると言われています。お金は大切な物だと認識して、お金の貯まる人は、お金を使っているのだ。世の中には、お金持ちとそうでない人がいるみんな真面目に働いているのだが、お金持ちの人はなぜ、そう...