マネー大学
スポンサードリンク

借金問題で悩んでいる人たちは大勢います

makegumi2.jpg

気が一向によくなる気配は全くありません。
このままでは、毎月の給与では好きなものを買ったりすることもできないばかりか生活していくことすら難しくなっていくことでしょう。

無理な住宅ローンを組んでしまったり、返すこともできない借金を背負ってしまい首が回らなくなってしまい、身動きが取れなくなってしまう人もたくさんいます。

バブルが崩壊し、多くの人たちが経験している借金問題は他人事ではありません。
そしてこれからも続くことでしょう。
私たちは全員がこういった状況に追い込まれてしまう可能性があるのです。
もし自分がこのような状況に陥ったら、どのようにピンチを乗り切ったらよいのでしょうか?

自己破産と債務整理の違い!

自己破産は借金を帳消しにできる最終手段です。
借金で首が回らず死を選ぶのであれば、もちろん自己破産を申請することをお勧めします。

自己破産を申請すると、家のものが全て持って行かれるというイメージがあるかと思いますが、実はそんなことありません。

生活するうえで必要最低限のものはさし押さえてはいけないという法律があり、そこまで持っていかれるわけではないのです。

しかし、収入が4分の1となってしまうという事が最大のデメリットです。
そして、ブラックリストに載ってしまうため、お金を借りることもできなければ、クレジットカードを作ることもできません。

さらに、お金を借りていた時に保証人を立てていたとしたら、その人が返済しなければならないので迷惑をかけることになります。

後は、職業や資格に制限がかけられてしまうということもあります。

自己破産の前に債務整理を!

債務整理=借金の金利分を減らし、返済を軽くする手段です。 日本国内には、借金の返済で悩んでいる人たちが300万人ほどいると言われています。
借金で自殺する人もいれば、逃亡する人もいると言われています。

債務整理を利用して借金を軽くする人はほんの一握りだと言われています。
しかし、この情報を知れば、債務整理をすることがどれだけ利口な事なのかを知ることが出来ます。

借金が重なり、毎月の収入では返しきれない場合は、債務整理を行ってみてください。
過払い金と言って、今まで支払っていた金利分が戻ってくる可能性があります。
しかし、債務整理を行うと、メリットもあればデメリットもあるのです。
それを知らないまま債務整理を行うと、後悔することになるので注意が必要です。

債務整理のメリットとは!

裁判所を介さず、弁護士や、司法書士がお金を貸している業者に返済金について交渉をするので、周りに知られないように手続をしてもらうことが可能です。

しかも、個人としての負担が軽くなるので、支払いが苦しいのであれば、やるべきですね。

債務整理のデメリットとは!

過払金の返済を求めるわけですから、その業者からはお金を借りることが出来なくなる可能性が非常に大きいです。

信用情報がブラックリストに!

自己破産をすると、10年間はブラックリストに掲載され、すべての借り入れが出来なくなると言われています。
債務整理をすると、5年間はブラックリストへ、そして借り入れが出来なくなります。

自己破産する前に!

自己破産すると、裁判所にて全ての債務を免除してもらう手続きします。
裁判所からの決定ですので、かなり重たい事だと受け止めなければなりませんが、債務整理はその手前の手続きで、裁判所を通しません。

行政書士の先生などに依頼するわけなので、そこまで重く受け止めなくてもよいと思います。
誰でも、過ちはつきものです。

自動車事故や、連帯保証人など、出来心や不可抗力での出来事であれば仕方がありません。
借金が返せないのであれば、自己破産する前に、債務整理を検討してみてください。

債務整理するなら確実に仕事をやってくれる会社へ

ジャパンネット法務事務所は、闇の金融業者対策をしてある法務事務所です。
かなりの件数、債務整理を行っているようで、実績はもちろんの事、丁寧に対応してくれるのがうれしいですね。
いかなる妨害や攻撃も法律のエキスパート達が毅然とした態度で、解決してくれるため非常にお勧めです。

ジャパンネット法務事務所に問い合わせしてみて下さい。
相談してみる!!

スポンサードリンク

自己破産の前に、債務整理を! | マネー大学記事一覧

債務整理する方法は?債務整理とは、消費者金融やクレジットカードの使い過ぎで貯まった借金を抱えている多重債務者にを救済する自己破産に次ぐ威力のある方法です。日本全国にはいわゆる多重債務者と呼ばれる人たちが140万人近く存在し、自己破産を申請する人たちは年間17万人もいると言われています。多重債務者と呼ばれる一歩手前の状態で苦しんでいる人たちがいまだ500万人も日本には存在しているのです。3つの債務整...